学科紹介
3つのポリシー

アドミッションポリシー Admission Policy

建築学科では、持続可能な社会を実現する未来志向の建築を設計・生産できる建築家や建築技術者の育成を目指しています。このために、次のような入学者を受入れます。

1 創造的で総合的なデザイン能力を身につけたい人。
2 確かな専門的基礎力を身につけたい人。
3 自分で考え、絶えず挑戦し、工夫する、チャレンジ精神を身につけたい人。

また、建築学科に入学するまでに、次のようなことを身につけていることが望まれます。

  基本的なコミュニケーション能力
国語 基礎的な日本語の読解力、表現力、論理的な思考力
外国語 基礎的な語彙と構文を理解できる能力、考えを表現できる能力
数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ(平面上の曲線と複素数平面・極限・微分法・積分法)、数学A、数学B(数列・ベクトル)を理解する力
理科 「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」等を理解する力

カリキュラムポリシー Caliculam Policy

建築学科では、目標とする技術者を育成するために、次のような3つの教育方針を掲げています。

1 豊かな人間性と総合力のある技術者を育成するために、設計教育と力学教育を両輪とする建築教育を実施する。
2 実践力のある技術者を育成するために、実学志向教育を体系的に実践する。
3 チャレンジ精神のある技術者を育成するために、体験的・挑戦的教育を実現する。

以上の教育方針にしたがって、基礎教育科目(総合科目+外国語科目)については工学部のポリシーに準じ、専門科目については、建築専門家(一級建築士)として必要となる設計・計画、環境・設備、構造、生産の総合的な基礎知識を確実に身につけることができるカリキュラムを編成しています。また、基礎力を確実に身につけさせる方法として以下のような取組みを行っています。

1 初年次の構造力学科目については少人数クラスによる徹底教育を行い、基礎的な学力を確保しています。
2 講義後直ちに演習を行う[講義+演習]科目を多用し、知識だけでなく実際に計算ができる能力を育成しています。
3 実物の住宅を計測し図面化する授業や、与条件のもとに設計し作成した構造模型の強度を競う創成型授業、建築実験(構造・材料・環境)など、体験的学修を重視する科目を多数配置しています。
4 総合的なデザイン能力とチャレンジ精神、実学志向にもとづく実践力を育むため、複数の建築家が直接指導する設計演習科目や国際交流を目的とした集中演習科目を配置しています。

また、本学科のカリキュラムは、 JABEE(日本技術者教育認定機構)にもとづく学習・教育到達目標を具体的に達成できるように設計されています。

ディプロマポリシー Diploma Policy

建築学科では、持続可能な社会を実現する未来志向の建築を設計・生産できる次のような建築家や建築技術者を育成することを目標としています。

1 豊かな人間性と総合的なデザイン力を持ち、地域社会や地域環境に貢献できる建築専門家。
(豊かな人間性と総合力のある技術者)
2 国内外における建築技術の伝統を引継ぎ、発展させる、実践的な建築専門家。
(実践力のある技術者)
3 人間と環境の時代に向けて、確かなデザイン力とチャレンジ精神のある建築専門家。
(チャレンジ精神のある技術者)

そして、本学科の学生が卒業までに身につけるべき具体的な知識・能力として、次の学習・教育到達目標を定め、これを達成するための授業科目を履修し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。

  1. 豊かな人間性と総合力のある技術者として(A)~(D)の能力を身につける。
    (A) 環境問題を理解し意匠設計ができる(意匠設計力)
    (B) 建築計画を理解し図面作成ができる(図面作成力)
    (C) 構造設計を理解し構造計画ができる(構造計画力)
    (D) 構造力学を理解し構造解析ができる(構造解析力)
  2. 実践力のある技術者として(E)~(G)の能力を身につける。
    (E) 建築倫理がわかる(建築倫理理解力)
    (F) 生産管理がわかる(生産管理理解力)
    (G) 環境設備がわかる(環境設備理解力)
  3. チャレンジ精神のある技術者として(H)、(I)の能力を身につける。
    (H) チームで課題解決ができる(課題解決力)
    (I) 新しいことに挑戦できる(チャレンジ力)