学科紹介
建築JABEE

建築JABEEについて

JABEE(日本技術者教育認定機構)とは、大学などの高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを公平に評価し、社会的要求水準を満たしている技術者教育プログラムを認定し、技術者教育の向上と国際的に通用する技術者の育成を通じて社会と産業の発展に寄与することを目的として設立された機構のことです。

建築学科では、2004年度から建築学コースとインテリアデザインコースを統合した形で、到達目標型の技術者教育プログラムを構築し、2007年度にプログラム名:建築学科(Architectural Engineering)としてJABEEに認定申請を行いました。そして、厳正な審査の経て、2008年5月8日に本プログラムに対して建築学および建築学関連分野での認定を取得しました(2007年度より適用)。

したがって、本学科の卒業生には、卒業証書とともにJABEE認定証が授与され、国際的に通用する技術者として認定されるとともに技術士資格の第1次試験が免除されます。

近畿大学の伝統と工学部の教育目標

  1. 近畿大学の建学の精神
    「実学教育」と「人格の陶冶」
  2. 近畿大学の教育理念
    教育の目的は「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人」を育成することにある。
  3. 工学部の教育目標
    「実学教育」と「人格陶冶」を旨として次の教育目標を掲げ、持続可能な社会を実現する技術者を育成する
    (1) 高い人格と倫理観を持つ人材の養成(人間性)
    (2) 技術者としての専門的能力の涵養(専門性)
    (3) 国際化時代を生き抜く力の養成(国際性)

建築学科の教育理念

  1. 豊かな人間性は確かな専門力(専門知識)にもとづく自信から生まれる。
  2. 「学生を愛し、信頼し、尊敬する教育」により学生の自信は育てられる。

建築学科で育成しようとする技術者像

建築学科では、以上の伝統と教育理念を踏まえ、持続可能な社会を実現する未来志向の建築を設計・生産できる次のような建築家や建築技術者を育成することを目標としています。

  1. 豊かな人間性と総合的なデザイン力を持ち、地域社会や地域環境に貢献できる建築専門家
    豊かな人間性と総合力のある技術者
  2. 国内外における建築技術の伝統を引継ぎ、発展させる、実践的な建築専門家
    実践力のある技術者
  3. 人間と環境の時代に向けて、確かなデザイン力とチャレンジ精神のある建築専門家
    チャレンジ精神のある技術者

建築学科の教育方針 (カリキュラムポリシー)

建築学科では、目標とする技術者を育成するために次のような3つの教育方針を掲げています。

  1. 豊かな人間性と総合力のある技術者を育成するために
    設計教育と力学教育を両輪とする建築教育を実施する。
  2. 実践力のある技術者を育成するために
    実学志向教育を体系的に実践する。
  3. チャレンジ精神のある技術者を育成するために
    体験的・挑戦的教育を実現する。

建築学科の学習・教育到達目標 (ディプロマポリシー)

本学科の学生が卒業までに身につけるべき具体的な知識・能力として、次の学習・教育到達目標を定め、これを達成するための授業科目を履修し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。

  1. 豊かな人間性と総合力のある技術者として(A)~(D)の能力を身につける
    (A) 環境問題を理解し意匠設計ができる(意匠設計力

    環境問題がわかる 建築概論、居住環境学、建築環境Ⅰ、Ⅱ・同演習
    都市計画がわかる 建築法規、都市計画、建築史Ⅰ、建築史Ⅱ、建築デザイン論
    課題設定ができる 建築設計演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、建築設計・集中演習Ⅰ、Ⅱ、卒業研究
    課題解決ができる 建築設計演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、建築設計・集中演習Ⅰ、Ⅱ、卒業研究
    課題を完成できる 建築設計演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、建築設計・集中演習Ⅰ、Ⅱ、卒業研究

    (B) 建築計画を理解し図面作成ができる(図面作成力

    建築計画がわかる 建築構法、建築演習、建築計画Ⅰ、Ⅱ、都市計画
    空間を認識できる 建築図法、造形演習、建築演習、建築CAD・CG演習
    エスキスができる 建築設計製図、建築設計演習Ⅰ
    図面作成ができる 建築基本製図、建築演習、建築設計製図、木造住宅設計、建築設計演習Ⅰ、建築CAD・CG演習

    (C) 構造設計を理解し構造計画ができる(構造計画力

    構造設計がわかる 静定力学・同演習、材料力学・同演習、構造演習、構造設計Ⅰ、Ⅱ・同演習、建築材料、建築実験
    断面設計ができる 材料力学・同演習、構造演習、構造設計Ⅰ、Ⅱ・同演習、建築地盤工学
    構造計画ができる 建築構法、構造演習、構造設計Ⅰ、Ⅱ・同演習、構造設計Ⅲ、建築地盤工学、卒業研究

    (D) 構造力学を理解し構造解析ができる(構造解析力

    構造力学がわかる 静定力学・同演習、材料力学・同演習、不静定力学Ⅰ、Ⅱ・同演習、構造演習
    応力解析ができる 静定力学・同演習、材料力学・同演習、不静定力学Ⅰ、Ⅱ・同演習、構造演習
    安全確認ができる 材料力学・同演習、構造演習、不静定力学Ⅰ、Ⅱ・同演習、構造設計Ⅰ・同演習、構造設計Ⅲ
  2. 実践力のある技術者として(E)~(G)の能力を身につける
    (E) 建築倫理がわかる(建築倫理理解力

    倫理問題がわかる 建築概論、工学倫理
    建築倫理がわかる 建築概論、建築施工、建築生産、職業観と倫理
    法令を順守できる 建築法規、建築施工、建築生産、職業観と倫理

    (F) 生産管理がわかる(生産管理理解力

    建築材料がわかる 建築構法、建築材料、建築実験
    生産管理がわかる 建築構法、建築施工、建築生産、建築地盤工学

    (G) 環境設備がわかる(環境設備理解力

    建築環境がわかる 居住環境学、建築環境Ⅰ、Ⅱ・同演習、建築実験
    建築設備がわかる 建築設備Ⅰ、Ⅱ・同演習
  3. チャレンジ精神のある技術者として(H)、(I)の能力を身につける
    (H) チームで課題解決ができる(課題解決力

    チームで協力できる フレッシュマンゼミナール、建築演習、構造演習、建築設計・集中演習Ⅰ、Ⅱ
    建築実験、卒業研究
    アイデアを提案できる フレッシュマンゼミナール、建築演習、構造演習、建築設計・集中演習Ⅰ、Ⅱ

    (I) 新しいことに挑戦できる(チャレンジ力

    積極的に取り組める フレッシュマンゼミナール、建築演習、構造演習、建築設計・集中演習Ⅰ、Ⅱ、建築実験、卒業研究
    国際交流ができる 建築設計・集中演習Ⅰ、Ⅱ
    プレゼンができる 構造演習、建築設計演習Ⅱ、Ⅲ、建築設計集中演習Ⅰ、Ⅱ、卒業研究

建築学科の学習・教育到達目標とJABEEで要求される知識・能力との整合性

学習・教育到達目標の達成方法

以上の学習・教育到達目標は、建築学科の授業科目を履修し、卒業要件を満足するように単位を取得していくことで達成できます。
以下の表は、建築学科の学習・教育到達目標と授業科目との対応関係を示しています。
表の各目標に対する主科目(必修科目)の単位と従科目(選択科目)の単位の取得で各目標が達成されるように設計されています。なお、表では、背景ピンクの科目は建築学コース・インテリアデザインコースの必修科目、背景ブルーの科目は建築学コースの必修科目です。

建築学科の学習・教育到達目標と授業科目の対応表

学習・教育到達目標の達成度の点検方法

建築学科では、セメスタごとの学習・教育到達目標の達成度を以下の達成度点検表(Excel)を用いて確認します。

達成度点検表(2012年度入学生用)
達成度点検表(2013年度入学生用)
達成度点検表(2014~2016年度入学生用)
達成度点検表(2017年度入学生用)

そして、各セメスタの達成度を以下の達成度点検集計表に記入し,チュータに提出することにしています。

達成度点検集計表(2017年度入学生用)

達成度点検集計表(2016年度以前入学生用)

建築学科の学習支援

建築学科では、学生が学習・教育目標を達成するために、様々な学習支援を行っています。
以下では、建築学科で行われている学習支援についてまとめています。

建築学科の学習支援システム

建築学科のキャリア教育

建築学科では、学生が希望の就職先に就職できるように様々な支援を行っています。
以下では、建築学科独自のキャリア教育についてまとめています。

建築学科のキャリア教育

学生としての基本マナー

建築学科では、社会人のマナーとして最低限のものは学生時代に身につけてほしいという趣旨から、以下のような基本的なマナーを定めています。

学生としての基本マナー

建築学科の教育改善のしくみ

建築学科では、学生が学習・教育目標を達成するために、よりよい授業を提供し、効果的な学習支援が行えるよう常に教育改善を行っていく仕組みを整えています。
以下では、建築学科の教育改善のしくみについて、組織としての教育改善、個々の教員としての教育改善方法(PDCA)を紹介しています。

建築学科の教育改善システム
建築学科の教育改善システム図

建築学科内規定

以下では、建築学科内で定めている学科内規を示しています。

建築学科各会議の規約
編入生、転学部生、転学科生認定会議に関する学科内規定
臨時試験の追試験に関する学科内規定
学科内委員に関する学科内規定

建築学科のFD

建築学科では、教員の教育力向上を目指して、様々な試みを行っています。
以下では、建築学科のFDへの取組について紹介しています。

建築学科のFDシステム